資料請求・お問い合わせ

ホーム » 訓練コース一覧 » 事業用操縦士 回転翼 官公庁・防災・ドクターヘリ

ドクターヘリパイロット・官公庁・防災

事業用操縦士 回転翼 官公庁・防災・ドクターヘリ イメージ

近年は、事故や災害が多く救急救命を行う防災ヘリコプター(ドクターヘリ)が人命救助に大きく貢献しております。
北洋エアースクールでは、飛行技術はもちろん、あらゆる状況でも的確に判断出来るパイロットを積極的に養成しております。

事業用操縦士 回転翼 官公庁・防災・ドクターヘリ イメージ我が国は地形的な状況(山岳や離島が多い)や、都市部での交通事情が飽和状態にあることからみても、時間を短縮し利便性の良いヘリコプターへの需要が高まっております。公共的な動きとしては、2001年から導入開始された、救急医療や災害時における救急救命ヘリコプター(ドクターヘリ)の活躍機会が増え、人命救助に大きく貢献をしています。(東日本大震災でもヘリコプターの活躍はご存じの通りです。)
当初、防災ヘリとドクターヘリとを共有して利用しておりましたが、消防・防災ヘリは救援活動等の多用途に使用する為、治療に必要な機材・設備を搭載しておらず、また、医師が必要な場合は、各病院にて医師を防災ヘリに搭乗させる為、時間的ロスがかなり発生しておりました。しかし、ドクターヘリは出動要請があると、医師と看護師を基地病院からヘリコプターに乗せて現場に急行する為、時間的ロスがなくなりました。この違いがある為、国は2007年には法整備をして、ドクターヘリの導入促進を打ち出しました。
ドクターヘリが配備されている地域は、2010年1月末現在、全国20ヵ所に21機程配備されていますが、これではまだドクターヘリの数は十分とは言えず、各都道府県に少なくとも1機、面積の広いところは複数機が必要で、加えて基地病院は、全国で50ヵ所ほど必要と言われております。
さらに山間へき地や離島などの医療過疎を考えますと、理想的にはドクターヘリが80機くらい必要になるのではないでしょうか。ちなみに、日本よりも国土がわずかに狭いドイツでは、ドクターヘリの拠点が80ヵ所、九州と同じくらいのスイスには、ドクターヘリの拠点が13ヵ所あります。
このほか、全国の防災ヘリコプターの緊急運航は、年間6,000件以上もの要請があり、各県警に於いてはヘリコプターの機動性を重視し、交通情報の収集や災害及び危険な箇所の調査・取り締まりに利用しております。山間部の多い都道府県では、山岳警備隊を組織し山岳救助にも幅広く活用しております。
防災ヘリコプターは全国に約80機以上所有されており、日常的にさまざまな飛行を行っております。このようにヘリコプターの用途は多岐に渡っている為、官公庁においても増機している状況です。官公庁のパイロットは、過去、内部選抜による養成を主に行っておりましたが、例外なく『団塊世代』のパイロットが大量退職のため、定期的にヘリコプター免許を保有している有資格者を対象に募集を行っております。
現在は、民間のプロヘリコプターパイロットを養成する公の機関はありません。昨今、映画やテレビドラマ等でも注目されている防災・ドクターヘリ業界にて、貴方の資格が社会に貢献できるよう、当エアースクールでは飛行技術はもちろんのこと、あらゆる状況でも的確に判断出来るパイロットを養成しております。これからプロのヘリコプターパイロットを目指す方は、ご自分のご希望に合わせて、下記のコースが御選択可能です。

官公庁コース

取得までの流れ

コースと費用

防災・ドクターヘリパイロット

取得までの流れ

コースと費用

メールでのお問い合わせはinfo@j-air.jp

資料請求はこちら

訓練コース一覧

事業用固定翼(エアラインパイロット)

事業用飛行機の資格を取得してエアラインのパイロットとして就職する為のコースです。

事業用固定翼(使用事業パイロット)

事業用飛行機の資格を取得して空撮やビジネスジェットなどのパイロットとして就職する為のコースです。

事業用回転翼(官公庁・防災ヘリパイロット)

事業用ヘリコプター資格を取得して防災・ドクターヘリなどのパイロットとして就職する為のコースです。

事業用回転翼(使用事業パイロット)

事業用ヘリコプター資格を取得して報道や遊覧ヘリなどのパイロットとして就職する為のコースです。

自家用固定翼(単発エンジン)

自家用で飛行機を操縦する基礎となる資格を取得する為のコースです。

自家用固定翼(多発エンジン)

自家用で双発飛行機を操縦する為のコースです。

自家用回転翼(レシプロエンジン)

自家用でヘリコプターを操縦する基礎となる資格を取得する為のコースです。

自家用回転翼(タービンエンジン)

自家用でタービンエンジンヘリコプターを操縦する為のコースです。

エグゼクティブコース(自家用)

ゆとりを持った大人のためのコースです。

女性パイロット専用(事業用・自家用)

女性教官が女性目線でカリキュラムを作成した女性の為のコースです。

短期分割(自家用固定翼・自家用回転翼)

一度に長期の休暇を取って渡航出来ない方の為のコースです。

シルバーコース(自家用固定翼・自家用回転翼)

趣味で飛行機・ヘリコプターを操縦したい年配者の為のコースです。

英語の苦手な方のコース(自家用固定翼・自家用回転翼)

自家用免許取得の際も、英語が必要です。自家用免許を取得したいが、英語に自信のない方の為のコースです。

ページトップへ