資料請求・お問い合わせ

ホーム » 訓練コース一覧 » 短期分割コース

短期分割コース

短期分割コース イメージ

北洋エアースクールでは、お仕事をお持ちの方へ短期分割飛行訓練コースをお勧めしております。
このコースは、個別のスケジュールを組んで数回渡航してライセンスを取得頂くもので、お休みをまとめてお取りできない方には、大変喜ばれております。
勿論、一度にお休みをお取り頂いてライセンス取得される事も可能でございます。概ねライセンス取得までの期間は1.5ヶ月間~2ヶ月間位です。
(但し、技量や天候により訓練期間には変動がございます。)
当エアースクールでは今までの実績がありますので、お休みのご予定をご相談頂ければ、最善のスケジュールをアドバイスさせて頂きます。
下記、分割訓練スケジュール表にてご確認ください。

基本50時間コ-ス

【1回目】 年末年始又はG/W利用(1週間~10日間)約10時間前後のフライト訓練目標

  1. 慣熟訓練
  2. 基本操作訓練
  3. 空中操作訓練
  4. 離着陸訓練
  5. 非常操作訓練
  6. 単独飛行(目標)

※ 今回の渡航で、学科試験及び航空身体検査を受ける予定。
  尚、学科試験は2回目、3回目の渡米時に受験する事も可能です。
  (実地試験受験時に、学科合格証が必要です。)

【2回目】 G/W又は夏期休暇利用(1週間~10日間)約15時間前後のフライト訓練目標

  1. 1回目の総復習訓練
  2. 単独飛行訓練(目標)
  3. 野外飛行訓練(同乗)
  4. 基本計器飛行訓練
  5. 野外飛行訓練(単独)
  6. 夜間飛行訓練

【3回目】 夏期休暇又はシルバーウィーク利用(1週間~10日間)約15時間前後のフライト訓練目標

  1. 2回目の総復習訓練
  2. 引き続き単独飛行訓練
  3. 野外飛行訓練(同乗)
  4. 基本計器飛行訓練
  5. 野外飛行訓練(単独)
  6. 夜間飛行訓練

【4回目】 シルバーウィーク又は年末年始利用(1週間~10日間)約10時間前後のフライト訓練目標

  1. 3回目の総復習訓練
  2. タワー空港に於けるATC及び離着陸訓練
  3. 計器飛行訓練
  4. 総合復習訓練
  5. 模擬実地試験
  6. 実地試験受験

上記訓練日程は、あくまでも一例を示したもので、この通りにお休みをお取り頂く必要は全くありません。
お休みのご都合による訓練スケジュールの作成は、お気軽に お問い合わせ下さいませ。

メールでのお問い合わせはinfo@j-air.jp

資料請求はこちら

訓練コース一覧

事業用固定翼(エアラインパイロット)

事業用飛行機の資格を取得してエアラインのパイロットとして就職する為のコースです。

事業用固定翼(使用事業パイロット)

事業用飛行機の資格を取得して空撮やビジネスジェットなどのパイロットとして就職する為のコースです。

事業用回転翼(官公庁・防災ヘリパイロット)

事業用ヘリコプター資格を取得して防災・ドクターヘリなどのパイロットとして就職する為のコースです。

事業用回転翼(使用事業パイロット)

事業用ヘリコプター資格を取得して報道や遊覧ヘリなどのパイロットとして就職する為のコースです。

自家用固定翼(単発エンジン)

自家用で飛行機を操縦する基礎となる資格を取得する為のコースです。

自家用固定翼(多発エンジン)

自家用で双発飛行機を操縦する為のコースです。

自家用回転翼(レシプロエンジン)

自家用でヘリコプターを操縦する基礎となる資格を取得する為のコースです。

自家用回転翼(タービンエンジン)

自家用でタービンエンジンヘリコプターを操縦する為のコースです。

エグゼクティブコース(自家用)

ゆとりを持った大人のためのコースです。

女性パイロット専用(事業用・自家用)

女性教官が女性目線でカリキュラムを作成した女性の為のコースです。

短期分割(自家用固定翼・自家用回転翼)

一度に長期の休暇を取って渡航出来ない方の為のコースです。

シルバーコース(自家用固定翼・自家用回転翼)

趣味で飛行機・ヘリコプターを操縦したい年配者の為のコースです。

英語の苦手な方のコース(自家用固定翼・自家用回転翼)

自家用免許取得の際も、英語が必要です。自家用免許を取得したいが、英語に自信のない方の為のコースです。

ページトップへ