資料請求・お問い合わせ

ホーム » 訓練コース一覧 » 女性パイロット専用コース

女性パイロット専用コース

女性パイロット専用コース イメージ

北洋エアースクールの女性専用コースは、現地に日本人女性教官を在籍させ、
女性の観点から訓練スケジュールを立てた、女性にやさしい訓練コースです。
「自由に空を飛んでみたい!」「パイロットの免許を取得したい!」と思う女性のお客様、
一人ひとりのご希望に沿った飛行機・ヘリコプターの
パイロット免許・資格が取得出来るエアースクールです。

現在、女性パイロットの需要が年々増加傾向にあります。
2000年4月に男女雇用均等法が改正され、男性や女性のみの募集が
禁止になり、女性が色々な世界に進出する機会が多くなって来ました。
航空業界でも、女性が飛行機免許やヘリコプター免許を取得し、航空
従事者として女性パイロットを目指す方が、年々増加傾向にあります。
現在、女性の操縦免許所有者は約1000人位と言われております。
各社では女性クルーのみでフライトを行う(3月3日)等のイベントが
実施されたり、女性専用のパイロットユニフォームが作成されたりして、
女性がこの職種にて働く事が段々と認知されつつあります。
しかしながら、まだまだ女性のエアラインパイロットの人数はごく少数
ですが、使用事業では積極的に事業用飛行機免許を所有した女性を対象
とした公募が行われております。もちろんヘリコプター免許を所有し、
使用事業に従事されている女性もいらっしゃいます。
また、航空協会でも女性のみからなる協会が古くから存在しています。
パイロット=男性専用免許と言う概念はなくなっております。
このような時代背景を踏まえ、当エアースクールでは、女性の為に
専用コースを設定しております。この女性専用コースは、
現地に日本人女性教官を在籍させ、女性の観点から訓練スケジュールを
立てた女性に優しい「女性専用の免許取得訓練コース」となっており
ます。航空留学で利用する滞在先は女性専用宿舎としてご用意しており
ますので、安心して免許取得に専念出来る環境となっております。
おかげさまで、女性の免許取得希望者が多いのも、当エアースクールの
大きな特徴になっております。女性の方は特に身近で免許の保有者が
居ないため、飛行機免許やヘリコプター免許の取得を不安に思う方の
為に女性専用のコースを作りました。
このコースにて免許取得をご希望される方は下記から選択可能です。

女性専用 事業用 固定翼取得

取得までの流れ

コースと費用

女性専用 事業用 回転翼取得

取得までの流れ

コースと費用

女性専用 自家用 固定翼取得

取得までの流れ

コースと費用

女性専用 自家用 回転翼取得

取得までの流れ

コースと費用

メールでのお問い合わせはinfo@j-air.jp

資料請求はこちら

訓練コース一覧

事業用固定翼(エアラインパイロット)

事業用飛行機の資格を取得してエアラインのパイロットとして就職する為のコースです。

事業用固定翼(使用事業パイロット)

事業用飛行機の資格を取得して空撮やビジネスジェットなどのパイロットとして就職する為のコースです。

事業用回転翼(官公庁・防災ヘリパイロット)

事業用ヘリコプター資格を取得して防災・ドクターヘリなどのパイロットとして就職する為のコースです。

事業用回転翼(使用事業パイロット)

事業用ヘリコプター資格を取得して報道や遊覧ヘリなどのパイロットとして就職する為のコースです。

自家用固定翼(単発エンジン)

自家用で飛行機を操縦する基礎となる資格を取得する為のコースです。

自家用固定翼(多発エンジン)

自家用で双発飛行機を操縦する為のコースです。

自家用回転翼(レシプロエンジン)

自家用でヘリコプターを操縦する基礎となる資格を取得する為のコースです。

自家用回転翼(タービンエンジン)

自家用でタービンエンジンヘリコプターを操縦する為のコースです。

エグゼクティブコース(自家用)

ゆとりを持った大人のためのコースです。

女性パイロット専用(事業用・自家用)

女性教官が女性目線でカリキュラムを作成した女性の為のコースです。

短期分割(自家用固定翼・自家用回転翼)

一度に長期の休暇を取って渡航出来ない方の為のコースです。

シルバーコース(自家用固定翼・自家用回転翼)

趣味で飛行機・ヘリコプターを操縦したい年配者の為のコースです。

英語の苦手な方のコース(自家用固定翼・自家用回転翼)

自家用免許取得の際も、英語が必要です。自家用免許を取得したいが、英語に自信のない方の為のコースです。

ページトップへ