資料請求・お問い合わせ

ホーム » 航空留学を勧める理由(アメリカ・中国)

アメリカ・中国への航空留学を勧める理由

航空留学を勧める理由 イメージ

航空留学?
なぜ、飛行機・ヘリコプターの免許を取る為に航空留学をするのか?
なぜ、アメリカ(カリフォルニア)への航空留学か?
なぜ、中国への航空留学なのか?

航空留学 イメージなぜ、航空留学なのか? その答えは
まず第一に、航空留学で自家用免許をICAO加盟国(アメリカ・中国)にて取得した場合、実地試験免除で日本の免許に切り換える事が可能だからです。(但し、学科試験にて法規のみ受験する必要があります。)アメリカ航空留学では、世界で一番進んでいるアメリカ航空産業界(恵まれた訓練環境)の中で勉強することができ、加えてアメリカでは、飛行機やヘリコプターの運航コストや維持費が安いため、日本の約1/3程度の費用にて飛行訓練が可能だからです。航空機の所有数も、世界の中でアメリカが群を抜いております。また、当エアースクールのアメリカ(カリフォルニア)訓練所は、飛行訓練時の気象条件が年間を通じて殆ど影響を受ける事がなく、パイロット訓練にとっては最高の訓練環境でもあるからです。
もちろん、アメリカは英語が母国語の為、パイロットにとって必要な英語力がマスター出来る事は言うまでもありません。日本の免許取得時に必要な飛行時間も、航空留学先(アメリカ・中国)での飛行時間がそのまま日本の飛行時間に適用されます。
このように、訓練環境(気象条件含)・費用・保有機体数・語学(英語)と、どれをとってもアメリカ航空留学を否定する要素が全くありません。JALやANAのパイロット実機訓練施設がアメリカにあるのも、その証拠です。

logoパイロットにとってすべての条件を考えた場合、
     最高の訓練環境がアメリカ航空留学にあります。

中国航空留学においては、第一に渡航にかかる時間をアメリカ航空留学に比べて短縮出来る事にあります。
日々の飛行訓練は日本語の出来る通訳が同乗してアシストする為、中国に居ながら言葉の障害に苦労することなく、安心して飛行訓練を実施することができます。アメリカ航空留学に比べ英語が苦手な方でも、日本語を選択することによって英語に対する不安を解消し、早く免許を取得することが可能な点が中国航空留学の最大のメリットです。アメリカ航空留学に比べると、中国航空留学は訓練費用において割高になりますが、英語力に不安な方や思うような訓練期間をお取り出来ないお忙しい方には、中国航空留学にてライセンスを取得頂くメリットは十分ございます。

logo英語や訓練期間に関するハンデを考えた場合、
     最高の訓練環境が中国航空留学にあります。

訓練コース一覧

自家用操縦士 固定翼

自家用操縦士 回転翼

エグゼクティブコース

女性パイロット専用コース

短期分割コース

シルバーコース

英語が苦手な方コース

ページトップへ